プラセンタ療法 アレルギー検査 漢方治療全般

ロゴ

眼疾患と当院の治療法
ネット予約・診察スケジュール 診察スケジュール

四条院にても診療しております。
【北山院】
【午前】9:00~12:30(受付)
【午後】16:00~18:30(受付)
⇒詳しくは「ネット予約カレンダー」にて

四条烏丸院の診療カレンダーはこちら ネット予約はこちら ドクターズコスメ ドクターズコスメ ブログ・facebook 院長ブログ スタッフブログ クリニックリンク くみこクリニック くみこクリニックメディカルSpa メディカルコスメオンラインショップ ダイエット外来&脱毛navi
ブログ
HOME > くみこドクターのブログ

最新のアレルギー学会情報・美肌を求める方へ

最新記事

小児アレルギー学会に参加して

先日、四日市で行われた小児アレルギー学会に参加してきました。

この日のメインイベントは、杉花粉症の舌下免疫療法の講習会です。
10月から舌下免疫法が保険適応になり、今まで春の花粉症に悩まれて来られた
方には福音となりました。しかし、この療法は、先日ためしてガッテンでも紹介されましたが、
最低3年は続ける覚悟が必要です。それで、改善度は人に寄ってちがいますが、40%程度の
方が花粉症から解放されます。
アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬を飲めば、辛い症状が改善されますが、
このお薬は眠気が出たり、体がだるくなったりする作用があります。
昨今は、比較的眠気のでないお薬 ザイザル、クラリチン、アレグラなどが
出ているので花粉症の症状も抑えられます。
しかし、これらのお薬でも眠気が出る方々がおられるので、
そういう方に、舌下免疫療法がとても良い適応になります。
毎朝、下の裏にスギのエキスをたらしてしばらく待って、
そのままごくんと飲みます。うがいなどはする必要はありません。
どのドクターでも治療できる訳ではなく、学会で講習を受け、自宅で勉強もして
試験を受けて通れば、治療を患者さんにすることができます。
早ければ12月には開始できる様、登録を申請中ですので、
この春の花粉症が少しでも楽になると良いですね。
投稿日:2014年11月12日

100円で出来るシワ予防法





ワと一口に言っても、色々な種類があることをご存知ですか?

シワの種類は二つ~表情ジワと乾燥ジワ

シワを分類すると、表情ジワと乾燥ジワの大きく二つに分かれます。表情ジワはどうしようもありませんが、乾燥ジワは簡単に予防できます。そうです、保湿をすれば良いのです。

先月号でも、乾燥を防げばアレルギーにならない可能性があるとお話ししましたが、アレルギーの研究で有名な国立生育センターという施設の研究でも、産まれたときから保湿をして乾燥を防ぐとアトピー星皮膚炎や、食物アレルギーになりにくいという研究結果も出ました。

また、シワのお話に戻りますが、乾燥を防ぐ一番効果的で安価な方法は、”ワセリンパック”です。

なぜこのような効果が生まれるのかというと、ワセリンは皮膚に対する保湿効果が抜群だからです。肌がひび割れた部分であっても染み込むことがないので、肌の表面を保護してくれるのです。同時に肌の潤いをしっかり閉じ込めてくれます。特に夜眠る時間は新しい肌が作られる時間帯なので、ワセリンに守られて弾力のある肌が生まれることになるのです。


しかし、元のお肌に水分、油分が無い状態だと、ワセリンパックの効果も薄れてしまいます。高機能のお化粧品を使ってお肌に栄養を与えてからパックをすると効果大です。

Dr KUMIKOシリーズの、APPS高機能ビタミンC化粧水、プラセンタ美容液、しわのばしクリームを下に塗っていただくと、もっちりとしたお肌になります。

 https://www.kumiko-clinic.jp/pro/drkumiko/cam.html

ワセリンは昼間に当たる状況で使うと油焼けしてよくないと言われてきました。以前は、ワセリンには不純物が多かったのですが、今は精製技術が進歩してほとんどなくなりました。ちなみにワセリンにはいくつかの種類があります。大きく分けると黄色ワセリンと白色ワセリンがあります。白色ワセリンは不純物が少ないため、顔のケアに適しています。また、医療で処方される”プロペトワセリン”という眼科用のワセリンは、文字通り目の中に入っても問題が無い程精製されているので、とても上質です。

 

ワセリンを使ったしわにケアは有効ですが、その他にもしわができないような対策を行いましょう。まず健康的な肌を作るのは、夜しっかり睡眠を取ることです。夜の10時から午前2時までの間は、お肌のゴールデンタイム(別名グリコの時間)といいますので、しっかりその時間に睡眠をとって、成長ホルモンの分泌をうながしてアンチエイジングしてください。

もちろん、タバコも御法度です。

投稿日:2014年10月15日

妖怪あのね〜 レーザー脱毛の現場から

四条烏丸 大丸横の証券ビルに、レーザー脱毛の専門院を開業してからあっという間に半年が経ちました。

レーザー脱毛は、ほとんどの方が5回でコースを組み、永久脱毛ですべすべのお肌を目指します。
(人によって毛の状態が違うので、5回以上かかる方もおられます。)
レーザー脱毛の効果を最大限に引き出すには、なんといっても、レーザー後のスキンケアが大切です。がさがさのお肌で来られた方は、その日は施術をお断りすることも多々あります。
うちの看護師のダブルゆきコンビは先日、日本美容外科学会主催の Medical Skin Care Specialistの講習会にいってまいりました。
そこでも、美容治療を成功させるには、なんといってもお家でのスキンケアが一番大事だという事を、改めて勉強して来たので指導にも熱が入ります。
毎日飽きる事無く、
*保湿の重要さ
*紫外線予防の大切さ
を口を酸っぱくして患者さんにレーザー脱毛の施術中にお話しています。
私もバックで聞いていていつも吹き出しそうになるのですが、患者さんの素朴な疑問とダブルYUKI看護師の掛け合いがとっても面白い!
Yuki A “いつも保湿はどうしていますか?”
Patient A “え〜、ローションかなあ。。。”
Yuki A” ローションのみですかあ?? ”
そこで、出る言葉が
Yuki A “あのね〜 ローションだければダメですよ〜”
からとうとうと、保湿の大切さ、ローションの上には必ず潤いを閉じ込めるクリームを塗る事を
話し出します。 
また、患者さんの素朴な疑問でも始まります。
Patient A “水を飲んだら保湿されますかあ??”
Yuki A “あのね〜 水のんだって保湿されません!!”
また、患者さんの素朴な疑問でも始まります。
お顔の脱毛やフォトフェイシャルの前には洗顔をしていただきます。
そこで、うしろから 妖怪が・・・
Yuki A “あのね〜 そんなにこすったらダメですよ〜”
こんな風に、スキンケアの基礎から 優しく 教えてくれるダブルYUKI看護師の
お話をききにきてください。

当院では、イオン導入だけでもご来院OKです。

イオン導入 10分 2500円(税抜き)


投稿日:2014年9月23日

イオン導入 エンビロンクールビタミントリートメント

そろそろ、夏につくってしまった日焼けによる シミ が気になる方がご相談に来られるようになりました。
日焼けをしないようにといつも、口を酸っぱくして言うのですが、やっぱり夏は遊びたい!
ビーチに 山にと紫外線は容赦ありません。
出来てしまったシミには、レーザーやフォトフェイシャルという光でメラニンを焼いてしまえばよいのですが、なかなか勇気が出ない方におすすめが、イオン導入です。
基本はビタミンCを導入します。
頻繁に通っていただけるように、値段も思い切って下げました。
15分 2500円
これだったら、ランチをちょっと我慢するだけで受けられるかな〜と思います。
イオン導入とは、塗っただけでは浸透しない成分をお肌の奥まで届ける方法です。

イオン.jpeg
加えて、もっとシワにも効かせたい!というかたに新メニューです。

エンビロンクールビタミントリートメント:シミ、シワに必要な、ビタミンAのトリートメントです。
ビタミンAは、新陳代謝が良くなり、
お肌のターンオーバーを、促進してくれます。

アルジネートパックでお肌ももちもちになります。
これが、私の今の御気に入りです。

夏の紫外線で、ダメージを受けたお肌に、
今すぐに
投稿日:2014年8月31日

エピペン講習会

京都市の保育士さんの看護研修で、アレルギーの講義をしました。


講義内容をブログを読んでくださっている皆様に、簡単にお教えします。





食物アレルギーの対策と対処法

 

1. 食物アレルギーの症状 

2. 食物アレルギーの定義

・・・食物を食べることにより

   体に不利益な免疫反応を起こす現象

10分〜4時間以内に出現

 

3. アナフィラキシー = 2つ以上の臓器に症状が出現

    例 : 蕁麻疹がでたあと咳が出始めた

アナフィラキシーショック= 血圧低下、意識障害、  

              活動性低下           

    例 : 蕁麻疹がでたあと咳が出始めぐったりしてきた

 

4. 幼児期は卵、牛乳、小麦、大豆が多い

 小学校以降に増えてくるアレルゲン:えび そば ナッツ ごま くだもの

 

5. 食物アレルギーの診断

・血液検査 : 特異的IgE抗体 ・ ヒスタミン遊離試験  

・皮膚試験 : プリックテスト・パッチテスト

・食物除去試験:原因と推定される食物を2週間完全除去して   

                 症状の推移を観察する (母乳も含めて)     

                 確定診断にはならない       

  食物負荷試験:原因と思われる食物を食べて症状の有無を確認 

 

6. 治療:除去療法

 

n  反応の出る食物は最小限の除去を。

n  親の希望があっても反応の出ないものを除去するのは医学的に間違い。

n  医師の診断書に基づく除去を行う。

n  半年ごとに血液・プリックテストを行い、除去を解除できるものがないか調べる。

n  食物負荷試験(必ず病院で)を行い、解除できたものは少しずつ増やしていく。

     免疫療法

  急速法: 1ヶ月入院で反応が出ても食べる方法

  緩徐法: 負荷試験をして閾値を決めて家、または外来受診で増やして行く。

7.  除去食を作るにあたって

 

  主治医に除去食物の診断書記入

       (保険適用なし 1500円程度/回)

  保護者と栄養士による献立表チェック

    調理方法なども細かくチェクする。  

     使用する油,調味料なども。

 

8. 給食時の注意

  アレルギー児の席の確保。

  先生の隣など、目の届く範囲で。

  周りの子供のエチケット徹底。

  口に物を入れたまましゃべらない。

  食事後は口をゆすぐ    

  

9. 誤食時の対応

  口の中のものを吐き出させうがいをし、洗い流す

  人を呼ぶ

  救急車、保護者に連絡

  抗アレルギー薬(アレジオン、ザジテン)など服用させる。飲めなければあごの上につけるだけでOK

  エピペンの準備

 

10. 保育の現場でのアレルギーに対する注意

  粘土:小麦粘土は使用せず普通粘土で

  砂遊び:外遊び後の足シャワーなど

  プール遊び:念入りなシャワー、保湿剤

  日光過敏:日陰の確保。サンスクリーン

 

また、最近、もっている子も多くなってきた”エピペン”の使い方の実習もしました。
いつも講義に行って思うのですが、食物アレルギーっ子を預かる保育士さんの生の声が聞けて、
私もとても勉強になります。

安心して子供達が過ごせる社会になるよう、みなで頑張っています。

エピペン講習2014 のコピー .jpg

 — 場所: こどもみらい館
投稿日:2014年7月30日

漢方でキレイになる

東洋医学的美容法

 

美しい皮膚とは・・・

皮膚は内蔵を映し出す鏡とされ、美しい皮膚を保つには、心身ともに健康である事が何よりも大切です。

私の自論でもありますが、美肌は健康な身体あってこそ作られると思っています。つまり、美容と健康は表裏一体であります。

 

女性ならではの悩み

皆さんの中にも、冷え性、月経困難症、東洋医学的には、血の道症といわれますが、これらの症状を漢方で治療していくと、お肌の調子がよくなったということを診療の中で聞く事があります。中には、長年悩んでいたケロイドが改善したとの声も聞かれます。

 

漢方治療が効果的な症状

1.   
にきび

2.   
目の下のくま

3.   
肌の乾燥

4.   
顔のほてり

5.   
下半身の冷え

6.   
むくみ

7.   
頭痛

 

未病を治す漢方

これらの症状は、”未病”といわれ、一般の内科で出される西洋薬では根本的に改善する事は出来ません。

漢方薬では天然の生薬をそのまま使っているため、 身体に負担がかかりにくいのが、成分のみを精製して加工している西洋薬との違いです。

どうやって飲むの?

漢方薬には生薬から抽出した成分を粉にしたエキス剤もありますが、やはり一番効果的なのは、生薬を自宅で煮出して、それを服用する方法です。私も実は、毎日はなかなか難しいのですが、出来るだけ生薬をぐつぐつ煮出して飲んでいます。

私の場合は、血の滞り(お血)の症状の改善として、アトピー性皮膚炎の色素沈着、肝斑、肩こり、生理痛が良くなりました。

 

漢方はオーダーメイドで処方を決めるので、専門の先生に見てもらうと効果絶大です。私も自分では自分の事がなかなか把握できないので、漢方の師匠の先生に処方を決めてもらっています。

 

お金はかかる?

健康保険を使う事ができるので、比較的安価に始められる療法です。大体、一ヶ月2000円以内で飲めます。薬局で買うと1−2万円くらい払うそうですね。

 

次回は、自分で出来る東洋医学的養生法をお話しします。

漢方jpgのサムネイル画像

これが私の飲んでいる漢方薬です。

投稿日:2014年6月29日

スキンケア大学 人気ブログNo1に!

お気づきの方もおられるかと思いますが、スキンケア大学というサイトより依頼を受けて、
4月からブログを担当させていただいています。

本日、担当の方から連絡があり、人気ランキングNo1になったとのこと。
毎月、私の興味のある事をつれづれに書いているのですが、それが良かった様です。
くみこアレルギークリニックを開業してから6年間、毎月不定期で申し訳ないのですが、興味のある事が出て来たときに、ブログを書くようにしています。
よく、ブログは定期的に更新した方が良いと言われますが、お題が私の頭に降ってこないときに書いても、あまり面白くないのです・・・
あとは、患者さんから、診察時に
“今回のブログは分かりにくかった。読み直しても分からへん。”
とか、
“この前ブログに書かれていた、あの薬下さい。”
などのご意見がとても役に立っています。
お時間のある方、是非一度スキンケア大学をのぞいてみてください。
東京の先生方中心ですが、とってもためになるお話がたくさんあります。
スキンケア大学 美ログ
京都北山くみこアレルギークリニック 向田公美子
投稿日:2014年6月11日

日本アレルギー学会より 速報

今日から日本アレルギー学会春季臨床大会が、京都国際会議場で始まりました。

地元なので、診療の合間に学会に参加しています。
さて、今日聞いて来た話題は・・・
ロドデノール
グルパール19S
この言葉が何を意味するかお分かりになりますか?
カネボウ白班被害の化粧水
茶のしずくせっけんによる小麦アレルギー
の原因物質です。
両方ともに、改善している人もいれば、まだ苦しんでいる人もおられます。
カネボウ化粧品による、白班の方は、私も見ていますが、
まだらに色が抜けるのが特徴です。従来からあった尋常性白班の場合は、
境界がはっきりしているのが特徴です。
あと、最近の治験として、
甲状腺機能障害
膠原病
の数値が異常の人が多いとの事です。
メラニンの働きを抑制するのがロドデノールの作用ですが、それが効きすぎたのか、
それとも何らかの免疫学的な異常が起こっているのか。
という観点で調べています。しかし、免疫の異常や、他の数値の異常をみつけたとしても、それが発症の原因となっているのか、それとも発症したから異常になっているのか、卵と鶏の関係と同じで解明は難しそうです。
両方に共通するのが、炎症を同時に起こしていた人が3割くらいいるということ。
やはり、化粧品、お薬、なんでも、炎症を起こすものは、使用をやめることですね。
好転反応などと言って続けているととんでもない事になります。
投稿日:2014年5月9日

アレルギーによいビタミン




こんにちは。

春は一年で一番心がワクワクする季節です。

京都の街中も、国内外の観光客の方であふれていますね。

そろそろ、紫外線も強くなって来たし、日傘をださないとな〜と思いつつ、つばの広い帽子だけはいつも手放さないようにしています。

でも、最近、日光の害だけではなく、よい面も注目されるようになってきました。それはそうですよね、人間はお日様がなくては生きて行けません。

 

先日、アメリカアレルギー学会(AAAAI:ちまたではquatro AIといいます))

http://annualmeeting.aaaai.org/

に参加してきました。

そこで、最新の情報として、

“アトピー性皮膚炎は、ビタミンDで良くなる”

との研究をちらほら見かけました。

ビタミンDは日光浴によって、皮膚で合成されます。

日本では、”紫外線は肌の老化の原因の一つ”というのが、一般的にコンセンサスが得られています。ビタミンDは、カルシウムの吸収に必要とされていますが、実は免疫・アレルギー系に良い作用があるのではないかといわれているのです。

 日本では、アトピー性皮膚炎の子供には日焼け止めをしっかり塗る様、また日光には当たらないように指導されます。

 そうなると、ビタミンDは日光で合成されるので、反対ですよね。

特に、日本人は、美白=美肌信仰があるので、みなさん白いお肌を保つべく、帽子、日焼け止めで絶対日焼けしないように日々、私も含めて頑張っています。

 

先日の学会では、子供は午前10時から午後3時までの間、週に2回は外で日光に当たらなければならないということも言われていました。

 

では、アトピーも良くなりたいし、日焼けで肌のトラブルは起こしたくない、という場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

手っ取り早く言えば、ビタミンDはサプリメントも出ているので、それを飲めば、日焼けをするよりもお肌に影響を与えずに、血中のビタミンDを高める事ができます。

ハワイの日光に当たっている人より、日照時間の少ないウイスコンシンの人にビタミンDを飲ませた方がより血中濃度が高かったという研究もある様です。

サプリではなく、もちろん、食事からでもしっかりビタミンDは取る事が出来ます。

ビタミンDの多い食品としては、

l   しらす干し

l   焼き鮭

l   イワシ

など、魚に多い様です。

日本は魚が豊富な国なので、サプリを取らなくても、煮干しをサプリとして毎日食べれば良いのではないでしょうか?

 

まとめると、

“サンバーン(日焼けで赤くなる症状)を起こさない様に、日焼け止めを塗って、適度に子供は外で遊ばせて、煮干しを食べさせる”

というのが、アトピー性皮膚炎を良くするコツですね。

 

日焼けも怖いし、毎日煮干しを食べるのが辛い私たち大人は、

抗酸化作用=抗老化作用のある物質(フラーレン、レスベラトロール、コエンザイムQ10、アスタキサンチン)などのサプリメントに加えて”ビタミンD“のサプリを飲み、紫外線の弱くなった夕方に適度に外出する、というのがアレルギー・美肌対策によいのではないでしょうか?

最近は、日焼け止めの中にも上記の美容成分がたっぷり入ったものがあり、私はそれを愛用しています。お肌が錆びない様、サプリだけではなく、もちろんフレッシュな野菜、お魚も普段から心が

けて取る様にしましょうね。

ナノスフィア 30ml   3600円

なんと、私の好きなともさかりえさんも愛用されているようです。

http://ameblo.jp/tomosaka-rie/entry-11279617560.html

投稿日:2014年4月6日

アメリカアレルギー学会 2014




4年前からワシントンDC,ニューオーリンズ、サンフランシスコ、サンアントニオで開かれた学会に続き、今年は西海岸のサンディエゴで開かれました。

 毎年話題になるのが、OIT,経口免疫療法です。つまり、食物アレルギーの治療法は確立したものがないので、食べながら免疫をつけて直すという方法が数年前から脚光を浴びてみます。

 食べて治るのなら、そんな簡単な事!と思われるかもしれませんが、食物アレルギーにもかなりの個人差があって、食べると口の周りに蕁麻疹が出る程度のひともいれば、すこしでも原因の食物の成分が入ると、呼吸が苦しくなってショックになってしまう人もいます。

じんましん位の方だったら、少しずつ食べれる量を食べていれば、治ってしまう事が多くあります。しかし、食べてショックになる人は、ちょっとでも食べるのが一苦労。それで、普段は除去をして安全第一ですが、血液検査の結果や年齢を考えて、少しだけチャレンジを病院でしてみるのです。決して家でしてはいけません。ほんの少しの成分でも生命を危ぶむ結果になってしまう「こともあります。一昨年の東京の調布市で小学生が給食中になくなった事件も記憶に浅いと思います。

 4年位前は、急速経口免疫療法がHotな Topicでしたが、あまりにもショックを起こす率が高く、リスクが高いので、最近は安全な方法を模索しているという印章です。

例えば、牛乳が飲めない人だったら、暖めた牛乳だったら副反応が少なく抑えられる、食べ物そのものではなくて、その1成分で免疫療法が出来ないか、などです。

食物アレルギーの大家であるDr Sampsonに以前お会いしたときも、急速法は危険が大きすぎるので、安全な方法を考えなければ、と言っておられました。

今回の学会参加の目的である、Dr Xiu Min Liの開発しているFAHF-2という漢方ベースの食物アレルギーの治療薬についてもリサーチして来ました。

今、Phase 2スタディをしている最中なので、大きな結果は出されていませんでしたが、Clinicalな部分でも研究は進んでいるようです。

実用化されれば、是非日本の食物アレルギーのお子さん達にも使用してみたいと願っています。

Mt Sinaiの実験室の発表でも、ベルベリンという物質は単独ではIgEを抑えないけど、他の生薬と混合して作用させると効果が倍増するとの研究がされていました。漢方は、作用が穏やかなので、漢方治療のみを求めてこられる患者さんも折られますが、作用が分からない反面、ミラクルを期待してしまいがちです。このような基礎実験をMt Sinaiのような一流病院で実験がされるというのは、漢方を遣う者としてとっても心強いことだと感じています。

最後に、この漢方のFAHF-2という薬は、なんと私のクリニックでも調合できてしまうところが凄いと事です。

 

 

投稿日:2014年3月15日

最新5件

月別アーカイブ

カテゴリー

↑