プラセンタ療法 アレルギー検査 漢方治療全般

ロゴ

眼疾患と当院の治療法
ネット予約・診察スケジュール 診察スケジュール

四条院にても診療しております。
【北山院】
【午前】9:00~12:30(受付)
【午後】16:00~18:30(受付)
⇒詳しくは「ネット予約カレンダー」にて

四条烏丸院の診療カレンダーはこちら ネット予約はこちら ドクターズコスメ ドクターズコスメ ブログ・facebook 院長ブログ スタッフブログ クリニックリンク くみこクリニック くみこクリニックメディカルSpa メディカルコスメオンラインショップ ダイエット外来&脱毛navi
ブログ
HOME > ブログ > 2010年11月

月別アーカイブ 2010年11月

米粉パンにご用心。

小麦のアレルギーで除去をしておられる方は多いと思います。
小麦は、いろいろな物に含まれており、パン、うどん、パスタ、マカロニなどは、一般の方もわかっておられるかと思います。小麦アレルギーの子供を持つ方だと、しょうゆにも小麦が含まれている事も大体わかっておられるでしょう。意外な盲点として、グルテンが、小麦のまさにアレルゲンだと言う事が生産者にも周知されておらず、意外な大きな事故につながる事が少なからずあります。
 11月8日放送 みのもんたの朝ズバッ! という番組にて、
米を使うベーカリー「GOPAN」がスタジオに用意され、パンが出来上がるまでの手順などが説明され、米粉を使った商品が用意されました。そこで、司会のみのもんた氏が、
“これだったらアレルギーのある方も食べられますよね〜”と軽くコメントしてたそうです。多分、アレルギーのある方というのは、”小麦アレルギーがあって、米だったら食べられる方”という意味だと思うのですが、そのパンは、”グルテン”を入れて作られていたそうなのです。この番組を見て、小麦アレルギーの知識のない方が米粉パンを、グルテンを入れて作って、小麦アレルギーの人に”小麦使っていないから”と言って食べさせたらどういうことになるでしょう!
 実際に、ある小学校の運動会で、パン食い競走が予定されました。そこで、小麦アレルギーの子を担任に持つ先生が、その子が競争に参加できないとかわいそうだと思って、特別に、”米粉パン”をパン屋さんに注文し、用意しておいてくれました。その当日、パンを口にくわえた途端、息が苦しくなり、顔が真っ赤っかに腫れ、救急車で病院に担ぎ込まれる事態になってしまいました。病院ではエピネフリン(エピペンと同成分)を注射し、酸素吸入をして回復したのですが、一体何が起こったのかと後日調べてみると、その米粉パンには”グルテン”を使用していたとの事だったのです。パン屋さんでさえ、グルテンは小麦成分だと言う事をしらないという事実に愕然としました。ましてや、食品に関して素人の私たちは、いつこのような間違いを起こして、アレルギーの子供達に”毒”を与えてしまうかもしれません。もっと、社会をアレルギーについて啓蒙するにはどうしたらよいのか、真剣に考えなければならないなと思いました。

投稿日:2010年11月21日

脱毛レーザー

みなさん、ワキなどの処理はどうされていますか?
アメリカだと、ワックス剤を使って毛を溶かしますが、日本では剃っている方がほとんどのようです。

また、アメリカテレビドラマの話になりますが、グレイズアナトミーで、美人女医のイジーがジョージとのデートの日に、”毛を剃っていない!!”とパニクっていました。

私は、以前に知り合いの先生のところでレーザー脱毛をしてしまったので、それ以来ほとんど処理は不必要です。

そこで、今回アメリカから最強脱毛レーザーを輸入しました。ルミナス社のライトシェアというシリーズで、冷却しながら脱毛できるので出力を上げることが出来、産毛なども脱毛できます。

一般のエステでは、”永久”脱毛を謳う事は法律上できませんし、不可能です。やはり、エステでは火傷に対処できないので出力を上げることが出来ず、何回やっても毛根は破壊されません。よく、2年保証などと言っているところがありますが、2年通っても無理という事です。

クリニックでも、火傷はないとは言えませんが、その対処は責任を持ってさせていただくので、安心でしょう。

治療頻度は、6週ごとに3〜5回ですが、毛の量、肌の色によって個人差があります。
ワキは、皆さん悩むところだと思いますので、利用しやすいように 一回 10000円とさせていただきます。休診日でも、治療可能な日がありますので、お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2010年11月14日

高濃度ビタミンC点滴 始めます!

11月とは思えないほどの暖かさですが、12月は寒くなるとの事。油断はできません。
暖かいからなのか、とっても皮膚の乾燥しているかたが多くなってきました。私は、保湿剤はたっぷり塗るよう指導しているので、男の方だと、ビーソフテンクリーム50g などは、一ヶ月に10本くらい使われます。保湿は、けちらずたっぷりです。

しかし、先週の私の首を見て驚かれた方が何人かおられました。そうです、私もなにを隠そう、アトピー患者なので、乾燥が始まると途端に首がかゆくなります。保湿を怠ったせいもあるのですが、仕事が忙しいと、肝気が上がってくるのか、眼が充血し首がかゆくなってくるのです。欲望に任せて掻いてしまった後は、とても罪悪感にかられます。でも、湿疹を治療している者にとって、自分でいろいろ実験できるので、湿疹ができると何で治そうか、すこしわくわくしたりします。今回は、前回かゆくなってしまった”プロトピック”を塗ってみました。案の定、30分後くらいから熱くなり、かゆみがまし、また欲望に任せてえぐるように掻いてしまい、反省の日々でした。やはり、スタンダード通り、初めはリンデロンなどのステロイドで抑えてから塗れば良かったのですね。

でも、私もステロイドをずっと使うのは嫌なので、かゆくなった要因を考えてみました。私の場合、乾燥以外にストレス、仕事の疲れが悪さをしている気がします。

そこで、先日アメリカに注文して届いたBiophenic Pharma社の高濃度ビタミンCを点滴してみることにしました。高濃度ビタミンCは、抗ガン作用が話題になっていますが、活性酸素を抑えるので、抗アレルギー作用、しみ、しわ、にきびの改善、免疫力向上などの作用もあります。

家は看護婦さんがいないので、自分で自分に針をさして自己点滴しました。かなりの粘性があり、血管にも刺激があります。血管には知覚神経はないはずなので、まわりの組織に漏れたのが刺激になっているのでしょう。とっても濃〜い感じがして、なかなか点滴も早く入りません。40分くらいで点滴を終え、トイレに行ったらかすかにビタミンC錠剤のにおいがしました。

その晩はぐっすり眠り、次の日起きてみると睡眠時間は少ないのにすっきりしています。また、夜リンデロンを塗っていないのに、掻いていないのです!(実は点滴に疲れて塗り忘れた。)それ以来、4日間経っていますが、お薬は一切塗っていません。とりあえず、毎週点滴して、しみなどの効果も検証しようと思っています。

昔、研修医のときに、上の先生から”患者に投与する薬は全部自分に使ってみろ。”と言われて、いろいろなめたりしたことがあります。今も、漢方、エステ、塗り薬も含めてすべて自分で試してから患者さんに、お出ししています。

投稿日:2010年11月14日

最新5件

月別アーカイブ

カテゴリー

↑