プラセンタ療法 アレルギー検査 漢方治療全般

ロゴ

眼疾患と当院の治療法
ネット予約・診察スケジュール 診察スケジュール

四条院にても診療しております。
【北山院】
【午前】9:00~12:30(受付)
【午後】16:00~18:30(受付)
⇒詳しくは「ネット予約カレンダー」にて

四条烏丸院の診療カレンダーはこちら ネット予約はこちら ドクターズコスメ ドクターズコスメ ブログ・facebook 院長ブログ スタッフブログ クリニックリンク くみこクリニック くみこクリニックメディカルSpa メディカルコスメオンラインショップ ダイエット外来&脱毛navi
ブログ
HOME > ブログ > 2009年1月

月別アーカイブ 2009年1月

第58回日本アレルギー学会

第58回日本アレルギー学会報告 於東京国際フォーラム
今まで、私の診療を通して感じたことなどを徒然に書いてきましたが、今回はちょっと、まじめな話です。12月に東京にて開催された日本アレルギー学会で発表してきましたのでちょっと私の研究の話も聞いてください。
 京都市にお住まいの小学生のお子さんをもたれている方は、記憶にあるかもしれませんが、2006年に、京都大学小児科の楠先生(現滋賀県小児医療センター)が中心となって、京都市の小中学校に通う学童1万3千人を対象に、食物アレルギーについての問診票を配りました。それには、身長、体重など基本的な身体発育状況、アレルギー疾患の有無、食物アレルギーの除去をどのくらいしていたか。についての質問が細かく書いてあります。その回答を元に、色々な面から分析してみました。
 今回私は、”乳児期(一才まで)食物アレルギー児の学童記における身長、体重”を検討しました。簡単に言うと、”除去食をしていると、栄養が足りなくて発育が遅れるのではないか?”という疑問に答えるためです。結果から言うと、やはり体重は乳児期に除去食をしていると平均より低くなりました。加えて、3歳時点でまだ除去をしていると、身長体重共に低くなると言う事が解りました。しかし、BMI(肥満度)を調べると、食物除去をしていた児は、肥満になりにくく、適正体重に保たれている傾向があると言えます。どうして、このような結果になるのかはよく解りませんが、私が考えるに、食物アレルギーがあると、お母さんも食事に気をつかうようになり、(和食に傾く?)将来的に肥満になりにくい体が作られるのではないか、という結論に達しました。現在お子さんの食物アレルギーで除去をされているご家庭も多いかと思いますが、食物除去もお母さんが大変だという悪い面ばかりでもなく、家中が健康的になったという声もときどき聞かれます。
 このような観点から食物アレルギーを調べた人は、今のところいないらしく、この研究が今のところ世界初!です。3月のワシントンDCで開催される米国アレルギー学会でも発表することになりました。(ごめんなさい、3月は休みが多くなってしまいます!)また次回は、アメリカアレルギー学会からの報告を出来るかと思います。まだまだ寒い日が続きますが、風邪をひかないように予防に心がけてください。余談ですが、インフルエンザの予防接種をしている人の方がアレルギー疾患が少なかったという報告も先日の学会でされていました。ただし、予防接種は100%ではありません。

投稿日:2009年1月24日

私のアレルギーって治りますか?

このような質問を時々される患者さんがおられます。私は
“いいえ、治りません。”と答えるようにしています。アレルギー体質というのは、なんとなく感覚的に解っておられると思いますが、かなりの確率で遺伝します。父親よりも母親の遺伝子の影響が大きいとも言われています。とういことは、遺伝子によって決まってしまっているところが大きいので完全に直そうと思えば遺伝子治療をしなければなりません。がしかし、
“完全に直すことは無理ですが、症状を出なくするようにすることは可能です。正直な話、今の医学では症状の緩和、抑制がやっとなのです。”と続けます。
それには、自分のアレルギーが何で、どういう状況の時に発症するのか。という事を知って原因を避ける、花粉などの時期には予防、抗アレルギー薬、漢方薬で早めに対処するのが大切です。そろそろスギ花粉の飛散も始まっています。早めの抗アレルギー薬、予防薬の準備をしましょう。結膜炎もひどくなってからではステロイドの点眼しか方法が無くなります。

投稿日:2009年1月24日

家の子はアトピーですか?

不安そうに尋ねるお父さんやお母さんがおられます。アトピー性皮膚炎の診断は簡単に言うと、1歳まででは2ヶ月続く慢性湿疹。それ以降は、6ヶ月続く慢性湿疹です。少々の湿疹はアレルギー、アトピーでなくても誰でも経験しますが、原因不明で、何故か解らないけどかゆくなるという症状がアトピー性皮膚炎です。しかし、アトピーという言葉が一人歩きして、アトピー性皮膚炎の診断を受けると、不治の病、ガンの宣告を受けたかのように落ち込まれる親もおられますが、決してそう言うわけではありません。素因はあっても、症状を出さないようにするのは十分可能です。
 私も重症アトピー患者でしたが今は普通に生活し、なんでも食べてお化粧もしています。しかし、ダニやハウスダストの抗体はまだ持っていますので、家は全室フローリング、お布団も季節ごとに丸洗い、症状がでかかったらクリニック布団を使う、無農薬野菜を食べ、添加物をなるべくとらない、規則正しい生活、排便習慣etc..と快適に生活できるように努力は怠らないようにしています。
 アトピー性皮膚炎は決して治らない病ではなく、現代の生活習慣を改善することによって発症を抑えることは十分可能です。ひとそれぞれ、持っている抗体の種類、量、肌の質は違いますので、それぞれ治療法も変わってきます。何度も言いますが、他の誰かがこれで治ったからと行って、自分もその方法で治るとは限りません。高価な健康食品は決して買ってはいけません。その方法を、みなさんと一緒に考えて行きながら、皆さんが快適な生活を送れるよう私もお手伝いさせて頂きたいと思っています。

投稿日:2009年1月24日

最新5件

月別アーカイブ

カテゴリー

↑