プラセンタ療法 アレルギー検査 漢方治療全般

ロゴ

眼疾患と当院の治療法
ネット予約・診察スケジュール 診察スケジュール

四条院にても診療しております。
【北山院】
【午前】9:00~12:30(受付)
【午後】16:00~18:30(受付)
⇒詳しくは「ネット予約カレンダー」にて

四条烏丸院の診療カレンダーはこちら ネット予約はこちら ドクターズコスメ ドクターズコスメ ブログ・facebook 院長ブログ スタッフブログ クリニックリンク くみこクリニック くみこクリニックメディカルSpa メディカルコスメオンラインショップ ダイエット外来&脱毛navi
ブログ
HOME > ブログ > 2008年7月

月別アーカイブ 2008年7月

喘息持ちのオリンピック選手〜清水宏保

息治療薬のアドエアという広告に、何故かプロスケーターの清水宏保選手のスケート姿が載っているのをご存じでしょうか?いつも、何故だろうと疑問に思っていたのですが、なんと、彼は喘息患者だそうです。

ある医療雑誌に彼の対談が載っており、それによると清水選手は肺活量も普通の人より少なく、かなりのハンデを背負っているそうです。でも、身体が健康ではないからこそ、自分の限界を知り、ぎりぎりまで持って行けるとpositiveに清水選手はとらえていました。

これを読んで、おこがましいのですが私も 
“ああ自分と一緒だ”と思いました。私もご存じの通り、アトピー患者で、肩凝り、腰痛、足のむくみ、PMS(月経前緊張症候群)とすべて経験済みです。だからこそ、それらの疾患に対する興味と探求心を医者として、またそれに苦しむ患者として持っていられるのだと思っています。

加えて大体の薬は、患者さんに処方する前に自分で(又は自分の子供で)実験済みです(笑)。これは、研修医の時にオーベンの先生に
“患者に投与する薬は自分で試してみろ” とむちゃくちゃな事を言われてから、実践するようにしています。

ただ、根拠のない民間療法だけは、作用機序なども解らず、エビデンスもないので試す気になりません。”**がこれで治った!” たぐいの情報には振り回されないようにしましょう。漢方薬も何百種類もある中から、その患者さんに合う物を処方します。人はみんな、それぞれ違うのです。

投稿日:2008年7月19日

しみとりクリーム

診察中に、患者さんから”先生はどのようなことに気を付けておられるのですか?”と時々尋ねられることがあります。これは、私が今肌にトラブルを抱えていないからかと、嬉しく思うのですが、そのたびに、”私も肌には気をつけなければ”と思います。

基本的に、私は長時間寝なければ身体がもたない体質なので、7時間は睡眠を取るように心がけています。あとは、便秘をしないこと。その都度、体調に合わせて漢方を飲んでいます。冬は生姜の入った飲み物を飲むこと。無農薬野菜を沢山取り、ルイボスティーを飲むことでしょうか。中学から肩凝りで悩み、家の病院でお年寄りの患者さんに混じって低周波治療をしていた頃と比べると、まあなんとかコントロールされているのではないかと思います。

しかし、先日しみじみ顔を(日中)鏡で眺めていると、今まで気が付かなかったシミが両頬に出現していることに気が付きました。
“もしかして、これが肝斑??”とショックを受け、院内で調合、販売しているシミ取りクリームを付けて今実験中です。

このクリームには、ハイドロキノンを配合しているのですが、昼用はUV対策に紫外線散乱剤を、夜用は効果を高めるためにピーリング剤を配合しています。ハイドロキノンは、コウジ酸、アルブチンの100倍のメラニン産生抑制効果があります。色素性母斑の方のレーザー治療の前段階として使用されることもあります。

最近、三共ヘルスケアからトランシーノという飲み薬が発売されました。しかし、値段を見てびっくり。6000円以上していたので、これだったら、もうちょっと安く皆さんに提供できると思いました。当院でも、同効果のトランサミン+ビタミンCの製剤を販売していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。出来てしまったしみを薄く、まさに今皮膚の直下に潜んでいるしみをいますぐに予防しましょう。
ハイドロキノンクリーム 夜、昼各1300円
トランサミン、シナール 1ヶ月分 4500円

投稿日:2008年7月18日

プール

夏になると、やはりあせもに皆さん悩まされます。時間的に余裕のある方には、朝晩のシャワー、子供だったらプラス昼の水遊びをお勧めしています。

もう一つ問い合わせが多いのはプールについてです。プールの水には塩素が入っています。それが、やはりアトピーの子の乾燥肌にはきついようです。加えて日焼けのダブルパンチで悪化して来られる方が続出しています。

でも、子供にとってプールは夏の楽しみの一つなので、以下のことを守りましょう。
1.プールに入った後は必ずシャワーでよく塩素を流す。
2.その場で保湿剤(ビーソフテン、ヒルドイド)を塗ってから家に帰る。
この二点を守ればそんなに真っ赤になることはないのではないかと思います。

反対に、綺麗な海は日焼けに気を付ければ、アトピーの皮膚を綺麗にしてくれます。海の水のもつ殺菌効果と、ミネラルの栄養、楽しい体験記憶の相乗効果でよくなるのでしょう。日焼け止めは、紫外線吸収剤の入っていないノンケミカル(散乱剤のみ)のを選んでください。
お勧めは、資生堂とマルホ(ヒルドイドの会社)の共同開発のデューエです。
院内でも定価2200円のところを2000円にて販売しています。

皆さん、楽しい夏を過ごしてください。

投稿日:2008年7月18日

最新5件

月別アーカイブ

カテゴリー

↑