プラセンタ療法 アレルギー検査 漢方治療全般

ロゴ

眼疾患と当院の治療法
ネット予約・診察スケジュール 診察スケジュール

四条院にても診療しております。
【北山院】
【午前】9:00~12:30(受付)
【午後】16:00~18:30(受付)
⇒詳しくは「ネット予約カレンダー」にて

四条烏丸院の診療カレンダーはこちら ネット予約はこちら ドクターズコスメ ドクターズコスメ ブログ・facebook 院長ブログ スタッフブログ クリニックリンク くみこクリニック くみこクリニックメディカルSpa メディカルコスメオンラインショップ ダイエット外来&脱毛navi
ブログ
HOME > ブログ > 2008年5月

月別アーカイブ 2008年5月

漢方入浴剤の不思議

私には3歳と6歳の子供がいますが、不覚にも先日上半身の皮がめくれるくらい日焼けをさせてしまいました。普通なら、ヒルドイドソフトなどを塗って乾燥さ せないようにして、皮膚の炎症が収まるのを待つといったスタンダード治療をするのですが、自分の子供のことでもあり、いたずら心が出てきました。

“保湿剤を塗らずに漢方入浴剤だけで治そう”と決心し、3日間続けて煎じの漢方入浴剤入りのおふろにしました。配合は、当院で販売している美白入浴剤の”トウキ、ボタンビ、雪の下、オウギ”です。

実 は、上の子の膝の裏にも湿疹がでていたのですが、心を鬼にして軟膏は塗らず、漢方入浴剤療法をつづけたら、あら不思議、夜中も全然掻かず、膝の湿疹も2日 後にはすっかり消えていました。このことから、下手に軟膏を塗るより、入浴剤だけで自己治癒力を引き出したほうがいいのかなあと悩んでいます。

というのも、私の親戚が香港に住んでいるのですが、アグネスチャンのお姉さんが開業しているアレルギークリニックに行っているそうです。そこでも、食事指導と漢方入浴剤のみで治療されているようで、すっかり今ではすべすべの肌になっていました。
こどもだけではなく、
肌も、あまり甘やかさない方がいいのかもしれません。

投稿日:2008年5月31日

秘密の(?)軟膏

アトピー性皮膚炎の基本治療は軟膏治療です。それはステロイドを主体としたものになるのですが、長年ステロイドを使ってこられて完治出来ない人に、一部のメディアの”ステロイドバッシング”の影響か、ステロイド治療に抵抗を示される患者さんがおられます。

抵 抗を示される方にいくらステロイドの軟膏を説得して処方しても、結局家では遠慮がちに塗られるので、湿疹は治らず副作用だけが出てきてしまうというという 事になります。私は、そう言う方達には、あえてステロイド軟膏は勧めず、50年前から使われている古〜い軟膏を処方します。すると、あれ不思議、次の診察 時にはつるりとした顔でにこにこで来られます。

そうなのです、ステロイドを使わなくてもアトピーは治療できます。でも、ステロイドを適切な部位に適切な強さのを使えば、もっと早く辛い痒みから解放されます。

その軟膏の名は、”グリパスC”といいます。薬価も安く、勿論保険診療です。でも、ひとつだけ難点が。。。くさくて気分が悪くなる方がおられるのです。興味のある方は”におい”だけでもお試し下さい!

投稿日:2008年5月31日

一ヶ月あまり経ちました。

開業して一ヶ月あまり経ちました。再診に来てくださる患者さんの数が増えてきて、安心感をもって診察することが出来るようになりました。

みなさん、私の治療方針に従って毎日漢方薬を飲み、あるいは軟膏を塗って来てくださります。漢方を飲み、軟膏を塗るというのは、なかなか大変なことだと思います。一度、その習慣が身に付けば、生活の一部として自然に出来るのでしょうが、忙しい毎日の生活の中で、規制を作ってしまうと言うことに抵抗を覚える方もおられます。

しかし、生活の中で、自分の体調を振り返って見る時間をもうけるということも必要ではないかと思います。月経周期や排便の状態、昨日食べたもの、睡眠時間がどういう風に自分の身体に影響しているか、ということにも今一度注目してください。

今の私にとって一番嬉しいのは、初診で半信半疑だった顔の患者様が、次の診察の時に
“先生、見てください!”といって綺麗になった肌、排便の状態を明るい顔で教えてくれた時です。そのお顔を励みに、これからも頑張っていきたいと思います。

投稿日:2008年5月25日

最新5件

月別アーカイブ

カテゴリー

↑