プラセンタ療法 アレルギー検査 漢方治療全般

ロゴ

眼疾患と当院の治療法
ネット予約・診察スケジュール 診察スケジュール

四条院にても診療しております。
【北山院】
【午前】9:00~12:30(受付)
【午後】16:00~18:30(受付)
⇒詳しくは「ネット予約カレンダー」にて

四条烏丸院の診療カレンダーはこちら ネット予約はこちら ドクターズコスメ ドクターズコスメ ブログ・facebook 院長ブログ スタッフブログ クリニックリンク くみこクリニック くみこクリニックメディカルSpa メディカルコスメオンラインショップ ダイエット外来&脱毛navi
ブログ
HOME > くみこドクターのブログ

最新のアレルギー学会情報・美肌を求める方へ

最新記事

第65回 日本アレルギー学会 最新情報 part 1.

米国アレルギー学会に続き、東京国際フォーラムで開催された 日本アレルギー学会に参加してきました。
東京国際フォーラムは、とっても複雑な構造をしていて、方向音痴の私は最初15分はウロウロしてしまいます。なんでも、テロが起こったときに会場間の行き来を最小限にできるからとか・・・。

今回のホットな話題は、
“食物アレルギーの早期耐性化誘導”です。
つまり、
食物アレルギーを早く治す、もしくは発症させない方法を模索しています。
食物アレルギーがあると、食物除去をしなければなりません。

小児に多いのは、主食となる小麦、また牛乳や卵アレルギーです。和食にすれば、ほとんど避ける事ができますが、練り物にも卵のつなぎ、しょうゆにも小麦が入っていたりします。それらのものを除去すると、どうしても栄養に偏りがでてきてしまいます。

以前、小児保健医療センターの楠先生のご指導で、幼児期に食物アレルギーがあった幼児で、成長に影響がないか京都の中学生で調べて、論文として発表した事があります。
The Effect of Past Food Avoidance Due to Allergic Symptoms on the Growth of Children at School Age. 2010Vol. 59, Pages 369–374
結果は、牛乳アレルギーがあって、食物除去をした子は、身長の伸びが悪かったという結果でした。

食物アレルギーはなるべく早くに治してしまう方が、食事を作る人も、本人の成長にもよいですね。

最新の学会情報は次にもつづきます。

投稿日:2016年7月22日

アレルギー診療は“謎解き”

アレルギー診療は“謎解き”

先日の東京国際フォーラムで行われた第65回日本アレルギー学会での教育セミナーでの島根大学医学部皮膚科の千貫先生のお言葉です。

診療の中で患者さんのお話の中から、限られた診療時間の中で、キーワードを引き出せる様、質問を矢継ぎ早にします。

患者“昨日からじんましんが出ています。

” 私“昨日は何を食べましたか?”  

“何か新しい化粧品を使いましたか?”  

“お薬は何か飲んでいますか?”  

“どこにいきましたか?”

 “日焼けをしましたか?”  

“食べた後に運動、入浴などしましたか?”

 “寝不足ですか?”

 “ストレスはありますか?”

 “疲れてませんか?”  

等々、病歴から原因となるアレルゲンを特定すべく、推理をしていきます。

上から順番に、

食物アレルギー

接触性皮膚炎

薬剤性アレルギー

花粉症・花粉性皮膚炎

日光過敏症

運動誘発アナフィラキシー

睡眠不足 疲労 と、すべてじんましんや皮膚炎の原因となるものです。 周囲に存在する物全てを検査する事はできないので、患者さんのお話から推理をして、特異的IgE検査や皮フのプリックテスト、パッチテストなどをします。

しかし、これらの原因を検索しても、じんましんの原因として特定できるのは、2.3割くらいであると言われています。

蕁麻疹には、抗ヒスタミン剤という、インペアードパフォーマンスといわれる眠気も最近は少ないタイプの薬が開発されているので、うまく使えば、たいていの症状は抑えられます。 あとは、規則正しい生活をすることを強くお勧めしています。

投稿日:2016年7月18日

脱毛が先か治療が先か?〜にわとりと玉子の関係

くみこクリニック 四条烏丸分院も移転後一ヶ月を迎え、スタッフ一同怒濤の毎日を過ごして来ました。

ありがたいことに、最近では近医の先生方から患者様の紹介もあります。

当院が永久脱毛を得意としていること、また私がアレルギーの専門医であることでご安心いただいているのかなと嬉しく思います。

中には、お肌の状態がよくなくて、これではレーザー脱毛はちょっと・・・。

と迷う患者様も多々おられるのですが、これはアレルギー専門&脱毛専門院としての腕の見せ所です。

中には、一般皮膚科で

“湿疹をよくするには脱毛しかない!脱毛して来なさい。”と先生にいわれて来られる方も。。。

毛を剃る事によって、皮ふを傷つけてしまい、ばい菌が入り、毛のう炎をおこし、またその毛のう炎で皮フがぼこぼこするため、カミソリでよけいに傷つけてしまう、、、といったサークルに陥ってしまっているのです。

しかし、

毛のう炎、痒疹で色素沈着もある皮フには、毛根を破壊するレベルのレーザー光は当てられません。

初めはお断りするのですが、やはりどうしても脱毛がしたくて来られているので、集中治療から初めます。今まで使っていた飲み薬、塗り薬を全部見直し、湿疹のレベルに合ったランクのステロイドや飲み薬を私独自のmix法により処方します。

すると、ほとんどの方が真剣に服用、塗布をしてくれるので見違えるように良くなるのです。

脱毛で美肌を手に入れたい一心で、きちんと私の言う事をきいて治療に協力してくださいます。私も、みなさんのおはだを脱毛ができる肌にするために必死で指導&軟膏を考えます。

本来は肌のターンオーバーに合わせて1ヶ月後くらいにレーザー脱毛の予約を入れますが、みなさん一刻も早く脱毛がしたくて、2週間くらいでレーザー脱毛を始める事が出来ます。

何をかくそう、私も毛深くて日曜学校で神様に毛が薄くなるようにお祈りをしていたこともありました。(ホントです)

当院の患者さんのお母様でもある、きむらかずよさんに、私の暗い過去を漫画にしてもらったので、そちらもご覧下さい。

http://www.kumiko-clinic.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/222172e14deba3ac06aff734731c9eb9.jpg

投稿日:2016年6月26日

米国アレルギー学会情報第二弾<リスクの高い食べ物は除去?それとも食べさせる?>

食物アレルギーという言葉は20年前は聞いた事がないという方も多々おられました。

私たちが生きるために食べなければならない必要な食物が、身体に不利益な反応、たとえば、じんましん、下痢、咳、重症になるとショックなどの反応を起こす状態を“食物アレルギー(Food allergy)”と呼びます。

 

もちろん、そのような反応の出る食物は避けなければなりませんが、そのまま一生食べる事ができないのでしょうか?

最近は学会でも考え方が変わって来ており、

“血液検査にて、アレルギーの原因と考えられる食物のIgE抗体が陽性であれば三歳まで食物を除去をする。”から

“なるべく早く食べた方がアレルギーを防ぐことができる可能性がある。“という考え方に変わってきました。

先日ロサンゼルスで開催された、米国アレルギー学会での、イギリスのGideon Lack先生から興味深い研究の報告がありました。

EAT( Enquiring about Tolerance Rabdinuzed trial of introduction allergic food to the breast feeding infant)studyという研究で、

母乳を飲んでいるような乳児に、食物アレルギーを起こしやすい食物、例えば牛乳(ヨーグルト)、卵、小麦、魚、ごま、ピーナツなどを、生後三ヶ月からあえて毎日食べさせて、食物アレルギーが予防できるかということを調査しました。

三ヶ月の赤ちゃんに、ピーナツバターなどを食べさせて、アレルギー反応が出たら、きっとお母さんは、“なんてことするんですか!”と怒られるかもしれません。しかし、この研究では、あえてアレルギーが起こりいやすいものを少量から食べさせ、食べ続ける事で良い免疫が誘導され、アレルギーを防ぐ事が出来るかどうかを1303人で実験してみました。

結果はピーナッツに関しては、3歳までに食べさせ始めた方がアレルギーになりにくいという結果でした。

この大規模は研究は、数年前に出た、ピーナツを生後早くから食べているイスラエル人にピーナツアレルギーが少ないという研究結果を元にして計画されています。

 

このように、毎年アレルギー科医が世界中から集まって、いかにアレルギーを治療するか、どうやったら食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の発症を防げるかということを自分たちの研究を発表して勉強しています。

学会で発表があったからといって、それがそのまま治療に繋がるとは限りませんが、このように毎年アレルギー治療のトレンドは変わって行きます。

 

専門医にかからずに、小さい頃にIgEが陽性になったからといって、ずっと卵や牛乳を除去している小学校入学前のお子さんが、春の小学校入学に向けて多数受診されます。

長年していなかった血液検査をし直して、食物負荷試験をすると、実は問題なく食べる事ができた、ということが多いのです。

確かに、10年前は除去療法が主になっていましたが、そのまま除去をつづけるとかえって敏感になってしまう、ということもあります。

IgEは変化して行きます。もしかしたら食べれる可能性もあるので、除去のみをされて、検査・治療をしていない方は専門医を受診されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

投稿日:2016年4月18日

湿疹は洗う?それとも洗わない?〜アメリカアレルギー学会より

“お風呂につかるとヒリヒリする。”

“主治医の先生から、せっけんを使わないようにといわれました。”

という訴えを外来で初診の患者さんから、聞く事があります。

皮膚を診ると、浸出液が出て(じゅくじゅく)、ばい菌が繁殖し、二次感染を起こしています。

アメリカのアレルギー学会(American academiy of Asthma and Immunology)に参加してきました。特に、興味があった演題は、

“難治性アトピー性皮膚炎の治療法”でした。

アトピーがなかなか治らない原因としては、

  1. ステロイド剤のランクが合っていない。(弱いステロイドで効いていない。)
  2. 二次感染を起こしている。(洗っていない)
  3. 皮膚のバリアが阻害されている。

などが挙げられます。

今年のアトピー性皮膚炎のトピックは、皮膚のバリア機能、保湿力に関しての研究でした。アメリカのRochestor 大学というところで、吉田先生という日本人が研究されています。その研究によると、黄色ぶどう状球菌という、ばい菌が出すTSLPという炎症物質が皮膚のバリアを破壊し、Th2反応という悪いアレルギー反応を促進してしまうということがわかってきているそうです。

つまり、先に述べた通り、湿疹があるのに洗わないと、ばい菌が繁殖し、湿疹を悪くします。また、悲しい事に、アトピー性皮膚炎の両親をもつ子供は、アレルギーを起こしやすい免疫状態(Th2反応)になりやすいそうです。

そこで、面白い研究なのですが、なんと、”Bleach bath=ハイター風呂”で、バリア機能も復活するという研究もされているようで、ビックリしました。この療法なら自宅でもしやすいですよね。今後の大規模研究の結果が待たれるところです。

投稿日:2016年3月29日

土日診療@四条烏丸院(大丸西横ビル)

1月も今日で終わりですね。
今日は天気が良かったので、自宅近くの神社に散歩&初詣に行ってきました。
まだお正月のしつらいが残っておりとても清々しい雰囲気でした。

くみこクリニックの患者様は、風邪を引くと受診をお休みされますが~_~;、最近風邪を引かれている方がちらほら見受けられます。気温の変化が激しいので、お気をつけください。
寒くて、抵抗力が落ちて、ニキビ、じんましん、とびひ、ヘルペスなど、真夏に流行る疾患が増えています。

早寝早起き、適度な運動です!

2月1日より四条烏丸院も、
医療法人司美会くみこクリニック 四条烏丸分院として再スタートすることとなりました。
お忙しい方も、しっかりスキンケアしていただけるように、土日の診療も始めています。
金曜 11:00~15:00
土日祝日 11:00~15:00
火水木 15:00~19:00 時間変更あり

北山は寒いし遠い!という方も、アクセスの良い四条烏丸分院の方にお越し下さい。
尚、担当医は皮膚科女医の代診のこともありますのでご了承ください。
漢方診察、アレルギー検査などは出来ない事もあります。
事前にお電話にてお問い合わせください。

院長 向田公美子

くみこクリニック 四条烏丸分院
075-257-7073

投稿日:2016年1月31日

美容点滴って?




 点滴療法をご存知ですか?

 点滴療法は、栄養素を直接血管に入れる事のできる、最新の美容・健康法です。 「サプリメントドリンクを飲んでも効果を感じない」「忙しくて規則正しく摂取ができない」「すぐに疲れを取りたい」「中から美しく健康になりたい」方にうってつけです。


疲労回復、アンチエイジング、美白、美肌、ホルモンバランスの改善、ガンの抑制などに効果があるといわれています。

これらの症状は、普通に受診をしても、血液検査をして異常がみられなければ、なかなか改善するものではなく、そのまま辛い症状を引きずりがちです。

それでは、どんな点滴の種類があるのでしょうか?

<超高濃度ビタミンC>

実は私の一押しがこちらの点滴です。

もともと、アメリカで癌治療としてされてきました。正常組織には影響を与えず、副作用もほとんどないことから全てのがんにチャレンジする価値があるとして注目されています。

高濃度ビタミンC点滴療法は、足りないビタミンCを補うだけではなく、一気に血中のビタミンC濃度を上げることによって活性酸素を除去します。その結果、美白効果だけではなく、しみを出来にくくさせて、コラーゲンを増やす作用もあるのでしわが出来にくくなります。

1.コラーゲンの生成促進作用

ビタミンC は繊維芽細胞の働きを高めコラーゲンの生成を促進させる働きがあります。おはだがもちもちになります。


2.抗酸化作用

細胞の老化を促進し、やがては心臓病や脳卒中、がんなどの生活習慣病を誘発する活性酸素を、除去してシワ、シミなど老化から肌を守ります。

3.にきびの改善

過剰な皮脂の分泌を抑え、にきびをできにくくし、毛穴をキュッと引き締めます。

4.免疫力向上

ウイルスを撃退する白血球やリンパ球の働きを助けて、体の免疫力を強化し、風邪やウイルスによる感染症を予防して全身の健康から美肌をつくります。

5.抗アレルギー作用


私の実感としては、ビタミンC点滴の翌日は、

“次の日の目覚めがすっきり”して仕事もはかどります。

疲労感の強い人は、

“足が前に出る感じ。”

“やる気が出る”といわれる方が多いです。

癌治療で一週間に二回、超高濃度でされていた方は、毛穴がなくなり、陶器のようなお肌になって行きました。もちろん、癌治療も他の病院の治療とも併用され、元気に暮らしておられます。

他にも、にんにく注射、ダイエット点滴、美容点滴、プラセンタ療法などがあります。どの方法が効くかは、その人によって違いますので、ドクターの腕のみせどころですね。

投稿日:2016年1月26日

ダニの免疫療法が始まりました! アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の方に


舌下免疫療法 ~スギ花粉症 / ダニアレルギー性鼻炎~

アレルギー性鼻炎の治療としては、アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬を服用するのが一般的でしたが、このお薬は眠気が出たり、体がだるくなったりする作用があります。また、抗ヒスタミン薬は、症状を抑えるだけで、花粉症やダニによるアレルギー性鼻炎の根本治療にはなっていません。

アレルギー性鼻炎を根本的に治したい方、抗ヒスタミン薬で眠気などの副作用が出る方に舌下免疫療法がとても良い適応になります。

<免疫療法について>

アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度から投与し、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法です。

 ●アレルギー症状を軽減したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。

 ●治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。

 ●治療は長期間(2~3年)かかります。

 ●すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

 ●ダニ、すぎIgE抗体陽性の方のみに治療をします。

*治療効果

改善度はその人の重症度、免疫の状態によってもちがいますが、およそ40%程度の方が花粉症から解放されます。しかし、1020%の方では治療効果がありません。全体をみますと80%以上の方になんらかの効果があります。

現在は、スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎のみの治療しか保険が適用されず、他の花粉やアレルゲンに対しては、効果がありません。

*費用

保険が適用されます。

概算ですが、3割負担の方で、治療前の血液によるアレルギー検査費用が初回5000円程度、その後3000/月程度で免疫療法を受ける事が出来ます。

この療法は、最低2年毎日続ける覚悟が必要です。この療法は、どのドクターでも治療できる訳ではなく、学会で講習を受け、自宅で勉強もして試験を受けたドクターがいる病院でのみになります。

  • 副作用

稀にアナフィラキシーショックなどの副作用が報告されています。初回投与は医療機関で行います。すぎ花粉飛散時やダニが繁殖しやすい時期は、以下の症状が強く現れる場合があります。昨年は、当院でも、その時期は治療を休止する方がおられました。

・口腔内のかゆみ ・口唇の腫張 ・咽頭刺激感

  • 喘息発作 ・消化器症状 ・腹痛 ・嘔吐 
  • 対象者

12歳以上が日本では保険適用となっています。

しかし、海外では5歳以上で治療を開始している場合もあり、大人より治療効果が良いとの報告もあります。高齢者の治療制限はありません。

*治療が受けられない方

・妊婦

・喘息や気管支喘息の症状が強く出ている人

・重症の口腔アレルギーの人

・抜歯後などの口腔内の術後、傷や炎症などがある人

  • ステロイドや抗がん剤、β阻害薬使用など特定の薬を使用されている人 

~スギ花粉症

*開始時期

スギ花粉の飛散が開始する3ヶ月以上前から治療を始めると効果的です。11月中旬までに治療を開始するほうがよいでしょう。12月でも地域によっては始められますので、ご相談ください。

  • 方法

シダトレンという名前のスギ花粉を抽出した薬を毎日、舌下(舌の裏)に滴下します。そのまま、2分間舌の下に保持しておき、その後にごくんと飲み込みます。飲み込んだあとの5分間は、飲食やうがいができません。この治療を11回、毎日自宅で行います。1回目の舌下投与は,アナフィラキシーなどの副反応がないか確かめる為に、医療機関で行ないます。これを最初の2週間で量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。その後、一ヶ月ごとに受診をしていただき、お薬を処方します。

 ~ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎

<ダニアレルギーについて>

日本は、世界でもダニが繁殖しやすいダニ大国といえます。

なぜかというと、ダニが生殖しやすい環境は以下の3つが挙げられます。

1.高温多湿 温度 (22~28度)

      湿度 (60~85%)

2. 食べ物(人の落屑皮膚、食べこぼしの食べ物)

3. 潜入場所(じゅうたん、畳などの潜れる場所)

まさに、日本の梅雨の時期の環境に当たりますね。

アレルギー性鼻炎は、室内塵ダニに対するアレルギーが原因となって、くしゃみ、鼻漏、鼻閉、そう痒感などの鼻症状が発現する疾患です。

それが皮膚にアレルギーが現れると、アトピー性皮膚炎、呼吸器にくると気管支喘息になります。

今まで、通年生のダニによるアレルギー性鼻炎の治療というと、環境整備(掃除、ふとんの整備)や抗ヒスタミン剤くらいでしたが、これからは免疫療法も選択肢の一つになります。

日本では、ミティキュアとアシテアという2種類のダニ舌下錠が製造販売承認を得ており、ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類のエキスを含んでいます。

方法

無菌状態で生育されたダニの抽出成分が入った錠剤を舌下(舌の裏)に置きます。錠剤は舌下ですぐに解けます。1分そのままにしておき、その後に飲み込みます。その後5分は、飲食やうがいは避けます。

 当院では、安全性の高いミティキュア(鳥居薬品)という薬品を採用しています。

シダトレンと同様、最初の1回目は安全性を確かめる為に、医療機関で行います。最初の一週間は少ない量の錠剤を服用し、2週目以降は副作用がないことを確認してから高容量の錠剤に変え、その後はそのまま毎日舌下を続けます。

投稿日:2015年12月21日

12月キャンペーン 待望のフォトフェイシャルです!

12月フォトキャンペーン.jpg
いよいよ師走の12月がやって参りました!
くみこクリニック四条烏丸院では、毎月キャンペーンを行っていますが、
その中でも一番人気のフォトフェイシャルthunderが今月のキャンペーンですheart02

フォトフェイシャルの効果はたくさんありますが、皆様に愛される理由は
1.しみがキレイになって行く。
2. ばんそうこうなどをはらなくても良い=人知れずキレイになれるflair
3.お肌がもちもちになるconfident
4.顔が白くなるhappy01

私の今までの治療経験から、5回クール終わられた方は、
“5歳若返った気がする!”
と実感されるようです。

ある方は、旦那様から”顔白くなって来たな〜。マイケルジャクソンみたいやん。”といじられたとか・・・sad
でも、きっと、これは
“キレイになったね。”の裏返しではないでしょうかね〜heart04

当院のフォトの機械は、ルミナス社M22といって、美STにも強力マシンとして特集が組まれていた程です。
是非、この機会に一度フォトフェイシャル受けてみてくださいnotes (Dr. 公美子)
http://www.kumiko-clinic.net/photo-facial-first/

通常価格 45,000円 → 22,500円 イオン導入付きですfree
くみこクリニック 四条烏丸院  
レーザー脱毛専門院
075-257-7073

投稿日:2015年12月1日

ダニの免疫療法 まもなく開始します

ダニアレルギーを治す方法 

日本はダニ大国です。

何故かというと、ダニが生殖しやすい環境は以下の3つが挙げられます。

1.高温多湿 温度 (22~28度)

      湿度 (60~85%)

2. 食べ物(人の落屑皮膚、食べこぼしの食べ物)

3. 潜入場所(じゅうたん、畳などの潜れる場所)

まさに、日本の梅雨の時期の環境に当たりますね。

アレルギー性鼻炎は、室内塵ダニに対するアレルギーが原因となって、くしゃみ、鼻漏、鼻閉、そう痒感などの鼻症状が発現する疾患です。

それが皮膚にアレルギーが現れると、アトピー性皮膚炎、

呼吸器にくると気管支喘息になります。

発売が先延ばしになっていますが、すぎ花粉症と同様、ダニアレルギーについての免疫療法がやっと保険適応になりそうです。早ければ、年内の発売となるようです。

いまのところ、”ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎”に対する減感作療法(アレルゲン免疫療法)として、2種類のダニ舌下錠が製造販売承認を得ています。

ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類のエキスを含んでおり、アレルギー性鼻炎のみに保険適応があります。

今まで、通年生のダニによるアレルギー性鼻炎の治療というと、環境整備(掃除、ふとんの整備)や抗ヒスタミン剤くらいでしたが、これからは免疫療法も選択肢の一つになります。

1. アシテア®ダニ舌下錠(シオノギ製薬):今年3月26日に製造販売承認、5月20日に薬価収載されました。7月末に指定医師のための受講・試験は終了しています。
2. ミティキュア®ダニ舌下錠(鳥居薬品):9月28日に製造販売承認されました。今後、指定医師のための講習・試験などが予定されます。

これらの免疫療法は、どのお医者さんでもできるわけではなく、アレルギーの講習、試験をうけた医師のみが処方できます。

<減感作療法(アレルゲン免疫療法)について>

 減感作療法とは、アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度から投与し、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法で、下記のような特徴があります。

 ●アレルギー症状を軽減したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。

 ●治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。

 ●治療は長期間(3~5年)かかります。

 ●すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

以前にお伝えしたスギ花粉の免疫療法とほぼ同じ方法で、

毎日口の中にエキスを1分間含んで飲み込むだけです。

そんな簡単な方法で、つらい鼻炎がお薬を飲まなくてもましになる可能性が出て来ました。

試してみる価値ありですね。

投稿日:2015年11月10日

最新5件

月別アーカイブ

カテゴリー

↑